空家等対策の推進

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

静岡に実家の空家がある

実家が空家

平成26年11月に空家等対策の推進に関する特別措置法が成立して、自治体調査によって、管理が行き届いていない特定空家に指定されると相続されたり所有している方に助言・指導や勧告があります。改善がない場合には、固定資産税の優遇が受けれなくなり6倍の支払いになってしまう可能性があります。また、命令後に改善がなければ、行政代執行によって行政が樹木の伐採や塀の撤去、建物の解体が行われる可能性があり、後日に請求されるなどもあります。

持ち出し金を抑えたい場合

売却を検討の場合には、古家付として土地売買も出来るので、家屋の家財は撤去しておき、土地が売れたら解体する方法であれば、 売却期間中の固定資産税は優遇のままで、売却決定後に家屋の解体であれば、はじめから家財整理・解体費用・更地での固定資産税ではなく家財整理分だけの持ち出し資金で、売却資金の目途に解体する方法もあります。 相続を受けてけれど、実家に戻ってくる予定がなければ、実家が荒れて行政に目を付けられる前に手を打つのもやり方です。
空家の放置の理由は、。固定資産税の特例6分の1が大きく、更地にすると6倍になってしまうことにありました。しかし、全国に約500万戸の管理されていない無放置の空家の事態で行政が動いているので、通知や勧告通知前に家財整理をして、何らかの管理や処置が必要になってきているようです。

放置された空家の撤去

空家撤去

三重県にて、東海地域で初で長年放置された小屋を空家対策特別処置法の行政代執行で撤去されました。静岡県でも自治体の職員が危険や景観を損なう手入れをされていない空家を調査しているようですので、この事例を皮切りに実地されていく可能性があります。解体にかかった費用は、持ち主に請求されるようなので、税金対策で空家になっている実家や相続された家の放置は、この先できなくなるので対策が急がれるケースもでると思います。

メディア取材

メディア取材

核家族化によって起きている無縁社会から浮彫になった孤独死の実態から遺品整理に関する取材を受けているます。 NHKスペシャルでは、遺品整理の様子から無縁仏の供養まで協力いたしました。 詳細