なお続く復興への道

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

遺品整理すら出来なかった現状から2年

あの大地震と津波で失われた命、その影響で苦しみ亡くなられた方々、本当に心よりお祈り申し上げます。 2年という月日が経った まだなお時間はすすめど、時は止まってしまったままの方々が沢山居られると思います。そんな中、震災を機に悲しみを希望の種にして歩んでいる方々も居られます。震災後に、地域医療から地域での出産を確立させるために、動いている素晴らしい一歩もあるようです。当たり前に住んでいる現代では、当たり前の事がまだまだ整っていない現状から希望の種が一つ一つ目を出し息吹くことを応援していきたいと思います。一個人や一企業ができることなど限りがあると思いますが、目を向け続けることから小さな希望の種を届けることができると信じています。時間の流れは、記憶を薄めます。 東北地方では、2年経ってやっと復興の準備ができはじめた段階だと思います。今こそ、東北に目を向けて復興へ向かいスタートする時なのかもしれません。