相続実家問題

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

空家の塩漬け実家

相続をされた実家が塩漬け状態になっていてどうするが、手をこまねいている方も多いと思います。実家を出て違う地方で家庭を築き、子供がその地域の学校に通えば、生活基盤が移動するので、仕事辞める・学校の転校・妻への説得で帰省して生活をはじめるには、非常に大変なことだと思います。だからと言って、実家をそのまま放置すれば、治安が悪くなり・近所や自治体から通告がきたり、特定空家とされたりと大変です。実家に家財が残っていれば、遺品整理や家財整理を行う必要があり、数十万円の出費があります。売却を考えていても建物が22年以上であれば資産価値がないので、更地での売買となりますが、建物の解体費用・更地で売買成立待ちの間税金増税など先に出る出費が多いのが現状です。当社では、古屋で家財が残された場合でもそのまま、譲り受けるサービス(静岡県中部エリア)もありますが、リフォームや建物の修復・メンテンナンスで蘇る物件のみと限っております。その場合には、持ち出し金なしで完了できますが、諸経費等を差し引いた計算での譲渡で可能であれば、譲り受けております。その他にも、不動産屋に解体更地渡しで広告をだし売買する方法もあります。売買成立後に解体するので、土地の資産価値がある地域であればこの方法も良いかと思います。土地の資産価値が低い地域になると、解体費用・不動産仲介費用・譲渡所得税・住民税を支払うとマイナスになる場合もあり、相続がマイナスになることもあります。政府は、地方の空家対策に本腰を入れているので、オリンピック前年で大幅な不動産価格の下落が予想されている昨今なので、塩漬け実家のままでは立ち行かなくなりそうです。