家の活用

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

空家を放っておくとかえってお金がかかる

空家を放置しておくと、維持費にかえって費用がかかるケースがあります。人が住まなくなった家は、換気がないため、湿気がこもり白蟻などの害虫の発生で痛みが進行しやすくなります。いざ、空家を活用しようとおもっても、庭の手入れ・外装や屋根の塗装・室内のリフォームで多額の金額が発生してしまうこともあります。空家を一時的に放置する理由として、解体して更地にしてしまうと固定資産税の増額になるためというケースが多いかと思います。
解体費用と売れるまでの固定資産税を考えると、二の足を踏まれることがあると思いますが、売却の方向であれば、古家付きとして売りにだす方法もあります。解体費用の持ち出しを避けるため、解体費用を差し引きしての売値をすれば、固定資産税の増額なしで解体費用の持ち出し金の必要もなく売却が可能になります。実家や空家の管理や運用が出来ない方には良い方法になると思います。
しかし、家の崩壊や景観を損なうようになると、特定空家となり、固定資産税の増額や強制的な解体などになってしまう可能性もあるので、 一歩早めの行動を必要とすることもあるかと思います。

空家の活用・対策