猛暑と孤独死 遺品整理

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

猛暑

節電の夏に加え猛暑日が続いています。体調を崩したり熱中症で倒れてしまう方が 急増しております。一人暮らしの老人の場合には、倒れていることを気づいてもらえず 命が失われることもあります。 実際に今年の夏は、当社にお問い合わせいただく依頼に孤独死された方の遺品整理が増えております。 何気ない一本の電話で救われることもあります。「久々に声を聞きたくなったけど元気?」 こんな、たわいない会話のはじまりから相手の体調の異変に気づくことがあります。 日本にはお盆という節目があります。 この機会に普段会うことのない離れたところに住む親・親類・友人・お知り合いと連絡をとって みてはどうでしょうか。 たった一本の電話で命が救われるかもしれません。 孤独死後の遺品整理では、一週間・一ヶ月発見されず、お部屋の中に入れないほどの状態で お困りになってお電話いただくケースが多いです。 変わり果てた姿のご遺体やお部屋は、ご親族にはとても辛いことです。 大切に残しておきたかった思い出の品も臭いが染み付き、 廃棄せざるえない状況もあります。 小さな一歩が不幸を防ぐことがありますので、是非 気になる方にご連絡をしてみてください。