相続・実家の空家

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

地方集落だけでなく空家問題は都市部にも

遺品整理や家財整理を依頼いただく中で、実家に一人暮らしの親が一人暮らしが限界で老人ホームに入居するために、実家の家財整理を行う というご依頼が増えております。実家と離れた地域で家を持っており子供の学校・会社などで実家に戻ることがない場合など、 一時的に保留するかたちで、家財や生活用品などを一掃しておく状態にしています。
そのため、地方など空家が目立つようになり、老人の数が増えることを考えると増加傾向にあります。空家の状態で空気の循環がない家は傷みの進行が早く、敷地内の雑草処理を行わない状況であれば廃墟のようにもなってきます。近所からの苦情や物置などの崩壊などを考えると、 売却・賃貸運用・更地売却など迫られる状況かと思います。建物が平成築など比較的新しい場合は、中古住宅での売却もあるかと思いますが、 昭和築の建物であると、リフォームで数百万円の費用をかけて売却・賃貸、建物を解体して更地での売却が考えられます。仮に更地にして売却すると解体費用に数百万円に固定資産税の増額になってしまいます。いずれにしても、不動産が負の財産になってしまうケースも多いようです。
売却で解体費用や固定資産の増額なしで行える売却方法が実は存在しております。それは、古家付きとして土地の売却をすることによって、 固定資産税の増額なしで解体費用は、売却金額から割引する手段をとると売却前に持ち出し金が必要になりません。 この先、空家が多くなると価格が下がる一方になり相続された側は工面が大変になることもあるかと思います。

特殊清掃・クリーニング

メディア取材

メディア取材

核家族化によって起きている無縁社会から浮彫になった孤独死の実態から遺品整理に関する取材を受けているます。 NHKスペシャルでは、遺品整理の様子から無縁仏の供養まで協力いたしました。 詳細