相続・配偶者

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

生前贈与・負担付贈与

生前贈与
生前贈与は生きているうちに財産を譲ることになります。生前贈与のメリットは相続税を減らしておくことができます。 年間の一人当たりの基礎控除額が110万円になりますので、それに税金はかかりません。贈与対象者は、子や孫だけでなくそれ以外の人でも財産を渡すことができます。ある程度の財産を分散して生前贈与しておくことで、相続金額によっては、相続税に課税対象にならないケースにもなると思います。

負担付贈与
負担付贈与とは、仮に贈与する家と土地に借入金がある場合にそれを受け継ぐときに負担付贈与となります。財産と負債も引き継ぐということです。木造住宅など家は22年が減価償却の年数になるため、築年が経っている建物であれば、家自体の値段価値が低くなるため、 贈与財産(プラスの財産)の価額からマイナス分(借金などの債務額)を引いた金額に、贈与税がかかるので、贈与税金額の節税にもなります。
相続や贈与では、税金に関わる問題が大きく影響するので、詳しくは、司法書士・税理士などの専門家に予め相談しておくとスムーズに受け継ぎがいくと思います。

メディア取材

メディア取材

核家族化によって起きている無縁社会から浮彫になった孤独死の実態から遺品整理に関する取材を受けているます。 NHKスペシャルでは、遺品整理の様子から無縁仏の供養まで協力いたしました。 詳細