相続・配偶者

TEL:0120-55-9445(AM9:00-PM21:00)

遺品整理と相続・配偶者

通常国会の訂正案で民法の相続分の見直しが進められています。夫婦で住んでいた家が遺産になる場合に所有権と切り離す形で、配偶者が一定期間の居住権を取得して建物登記が出来ます。配偶者の遺産取り分は半分ですが、夫婦で住んでいた家の土地と建物の評価額よりも安い居住権だけを相続することにより、その分、預貯金などの他の遺産が多く分配されることになります。
相続において、子供や親類が所有権を受けたとして、売却してしまっても居住権により、そのまま住み続けることができます。

メディア取材

メディア取材

核家族化によって起きている無縁社会から浮彫になった孤独死の実態から遺品整理に関する取材を受けているます。 NHKスペシャルでは、遺品整理の様子から無縁仏の供養まで協力いたしました。 詳細